スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/14 「ヤバイ経済学」 砂岡


ヤバい経済学 ─悪ガキ教授が世の裏側を探検するヤバい経済学 ─悪ガキ教授が世の裏側を探検する
(2006/04/28)
スティーヴン・レヴィット、スティーヴン・ダブナー 他

商品詳細を見る



こんにちは。一日遅れてしまいました!すみません。

今日はヤバイ経済学を紹介します。
名前からしてなんかインパクトありますよね。

ガチガチの経済が書かれているのかといったら、まったく違います。経済学の視点で世の中のことを分析してます。

そして、この本はインセンティブという考え方を中心に展開していきます。
人間の行動の根本的なところにはインセンティブという考え方があり、経済的、道徳的、社会的に得する方向に動くんですね。それでインチキを働く人がいるのを、本書では数字とかデータを利用して世の中のあれこれを解明していくのです。
ちなみに、インセンティブはやる気を起こさせる刺激です。

あれこれっていうのが、学校の先生と八百長はどこが同んなじ?とか、ヤクの売人はどうしてママと住んでいるのか。犯罪が減った理由は?など。


個人的に相撲の八百長には驚きました。7勝7敗と8勝6敗の試合では前者の勝率が高いんです。こういうデータを出されると、相撲業界もびっくりですね。また、アメリカの犯罪率の低下は中絶を法的に認めてからなんです。他にもいろいろあるんですけど、あとは読んで見てください。
この本は経済学者なら別に気にもしないようなことを検証しているところがヤバイなとおもいました。

この本を読むと、経済学っておもしろいなって思いますし、身近なところにも経済が絡み合っていると感じました。いろんなことに疑問を持って考えることが大切だなと改めて思いました。
あと、翻訳の仕方が、話し言葉で絶妙な感じで読みやすかったです。

★★★★☆
私物×  ゼミライブラリです!

次はさとみさんです!

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

リレーの順番
金岡→飯田→和田→冨樫→小林→島田→加藤→砂岡→小川→井上→柴崎→アレックス→美田→山本→古屋→戸田→片上→山中→…
カウンター
プロフィール

小門ゼミブックリレー

Author:小門ゼミブックリレー
学生団体Small Gatesは法政大学キャリアデザイン学部小門ゼミ生の有志で経営しています。
http://sg09.blog66.fc2.com/


【法政大学キャリアデザイン学部小門ゼミ】
普段キャリアデザイン学を軸に経営・経済・文化・教育を学んでいます。
「entrepreneurship」・「citizenship」を合言葉に
熱く濃く明るく青く、double majorを目指し日々学習してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。