スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月17日 ひらめきの導火線 担当:飯田


ひらめきの導火線 (PHP新書)ひらめきの導火線 (PHP新書)
(2008/08/19)
茂木 健一郎

商品詳細を見る


こんばんは、飯田です。
今回紹介するのは茂木健一郎さんの著書「ひらめきの導火線」です。
今日のプレゼンはこの本とジョブズのキャリアをベースにやった訳ですが、
なかなか定量的な議論がしにくいイノベーションという分野において
脳科学という切り口は説得力をもたらすと思って読んでいました。

ですが、実際読んでみると、脳科学的な話はわずかで、
どちらかというと日本人の創造性、国民性について欧米と相対化して
茂木さんが自身の経験も踏まえて持論を展開していると言った内容になっています。

この本の面白いところは、全体的に見ると日本擁護的な論調なのですが、
実は、それは日本がこのままじゃだめだという危機感から、
じゃあ日本の長所を欧米に示すことが大事だということを述べている結果そういう論調になっている点です。


で、茂木さんは日本人は本来創造性があるし、創造性に寄与するすばらしい部分も
むしろ欧米よりも持っているはずだとおっしゃっています。
例えば、謙虚さが日本的なプロセスイノベーションにつながったとか。
そして、なぜ近年はその日本人の創造性がイノベーションにつながらないのか
日本がなぜiPodを生み出せなかったかという問いに対する
茂木さんの意見が書いてあります。
こういうテーマが気になる人はぜひ読んでみてください!

評価
★★★★★
私物ではないです。

次は冨樫!

コメントの投稿

非公開コメント

リレーの順番
金岡→飯田→和田→冨樫→小林→島田→加藤→砂岡→小川→井上→柴崎→アレックス→美田→山本→古屋→戸田→片上→山中→…
カウンター
プロフィール

小門ゼミブックリレー

Author:小門ゼミブックリレー
学生団体Small Gatesは法政大学キャリアデザイン学部小門ゼミ生の有志で経営しています。
http://sg09.blog66.fc2.com/


【法政大学キャリアデザイン学部小門ゼミ】
普段キャリアデザイン学を軸に経営・経済・文化・教育を学んでいます。
「entrepreneurship」・「citizenship」を合言葉に
熱く濃く明るく青く、double majorを目指し日々学習してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。