スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月11日 日本の大学発ベンチャー―転換点を迎えた産官学のイノベーション 担当保住

日本の大学発ベンチャー―転換点を迎えた産官学のイノベーション日本の大学発ベンチャー―転換点を迎えた産官学のイノベーション
(2010/06/21)
桐畑 哲也

商品詳細を見る


みなさんこんばんは。今日はポッキーの日ですね。ってポッキーの日ってなんだよ!!!!なんでトッポの日じゃないんだ!!なんでいもけんぴの日じゃないんだ!!だからポッキーの日はポッキーがトッポの何倍も売れる!でもトッポよりポッキーの方が大好きだからいいや!グリコナイス戦略☞
ホワイトデーもキャンディー会社が作った日なんだよーーー!!知ってた!?
バレンタインデーは深いくて儚い歴史があるのにねー(・へ・)バレンタインデーって何でできたか知ってますか古屋君!!
バレンタインデーの歴史は、ローマ帝国の時代にさかのぼって当時のローマではルペルクスという豊穣の神のためにルペルカーリアという祭が何百年ものあいだ行われていました。毎年2月14日の夕方になると、若い未婚女性たちの名前が書かれた紙が入れ物に入れられ、祭が始まる翌15日には男性たちがその紙を引いて、あたった娘と祭の間、時には1年間も付き合いをするというものです。翌年になると、また同じようにくじ引きをします。 しかし若者たちの風紀の乱れを憂えた当時の教皇ゲラシウス一世は、ルペルカーリア祭を禁じました。代わりに、違った方法のくじ引きを始めたのです。それは、女性の代わりに聖人の名前を引かせ、1年間のあいだその聖人の人生にならった生き方をするように励ますものです。そして、200年ほど前のちょうどこのお祭りの頃に殉教していた聖バレンチノを、新しい行事の守護聖人としたのです。次第に、この日に恋人たちが贈り物やカードを交換するようになっていきました。ちなみにチョコを渡すようになったのは、これまたアメリカのチョコレート会社がバレンタインデーを使ってその日にギフト用のチョコを作ってそれがヒットしたことが起源となっているんだよ
つまりいろんなところにオポチュニティーはあるのですねー
わかりましたか古屋君!!\(◎o◎)/!


あっはい今回私が紹介する本は
「日本の大学発ベンチャー―転換点を迎えた産官学のイノベーション」です

プレゼンでイノベーションについてやりましたが、日本という国はベンチャーがとても存在しづらい国ということがよくわかります。今や円高、関税、法人税、電力制限、co2削減などが原因で海外展開をしなければならない時代になりそれはベンチャーのことだけではないかもしれませんが、それがなくたって日本におけるベンチャー環境は発展途上でありますねー。内容を見ていきましょう。

グーグル、サンマイクロシステムズ、ジェネンティック。これらは、大学の研究をベースとして、世界的な企業にまで成長した大学発ベンチャーである。翻って、日本の大学発ベンチャーは、こうした企業と比較して、発展途上である。日本、アメリカ、イギリスの大学発ベンチャーを対象としたアンケート、インタビュー調査によって,日本の大学発ベンチャー以下の課題が明らかとなった。

顧客・販路:日本の大学発ベンチャーにおける顧客としての大学志向が高い半面,一般消費者志向が低い.また「主力製品,サービスの市場,顧客調査実施時期」が遅く,主力製品,サービスの市場,顧客調査を「実施していない」と答えた大学発ベンチャーも多い。

資金調達:成長初期段階を担う公的資金が充実する一方,その後を引き継ぐべき投資資金(ベンチャーキャピタル、エンジェル)が不足。

人材:最高経営責任者の外部登用が低調。また、ビジネス経験を有する人材が少ない.

外部資源活用:「事業計画策定にあたって外部資源から助言を受入れていない割合がイギリスの2 倍以上に上る」「経営人材獲得において個人的ネットワークが中心」「資金調達において自己資本,公的補助が中心」「大学への依存が高い」

なんか今まで勉強してきた日本の問題点がそのまま書いてある感じですよねー。
これをとにかく改悪ではなく改善していかなければいけません!
それについて様々な分析をもとに論じています、おもしろいです。
是非一読を

☆4つ

法政図書館にあります


次はよしおカンガルーjunior!!

コメントの投稿

非公開コメント

リレーの順番
金岡→飯田→和田→冨樫→小林→島田→加藤→砂岡→小川→井上→柴崎→アレックス→美田→山本→古屋→戸田→片上→山中→…
カウンター
プロフィール

小門ゼミブックリレー

Author:小門ゼミブックリレー
学生団体Small Gatesは法政大学キャリアデザイン学部小門ゼミ生の有志で経営しています。
http://sg09.blog66.fc2.com/


【法政大学キャリアデザイン学部小門ゼミ】
普段キャリアデザイン学を軸に経営・経済・文化・教育を学んでいます。
「entrepreneurship」・「citizenship」を合言葉に
熱く濃く明るく青く、double majorを目指し日々学習してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。