スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月8日 「なぜあなたは英語がはなせないのか」担当 冨樫

なぜあなたは英語が話せないのか (ちくま新書)なぜあなたは英語が話せないのか (ちくま新書)
(2001/05)
東後 勝明

商品詳細を見る


さっそく本題へ。
タイトルに惹かれて借りてみました。

EGGも終盤でなかなか時間もとれず、申し訳ないですが・。
Mr KREGG読んだ時の杏里のダンスとか、ゆうの何とか伝えようとする姿勢とかが見れたのは
公用語化の大きな収穫でした。

この本の一文に

Let's not work for English any more. Insetead,let it work for us!

よく言われることですが英語はあくまで「手段」であって、「目的」ではないです。

たとえば英語の映画を見ていても
ヒヤリングのために見ていれば学ぶことを「目的」としています。
しかし映画を楽しむための娯楽として見ていれば英語は「手段」となります。
つまり英語でなにかをしていることになります。

海外に行ったとしても、英語を話せるようになりたいだと「目的」になってしまうと思います。
そうではなくて、友達100人作るとか旅行を一人でするとか
そしたら英語が「手段」になるとも思うんです。

そんな気持ちで身近なところから今後もみんなに英語に取り組んでほしいと思います。

私物×
★★☆☆☆

次は竹鼻さん、よろしくです。

コメントの投稿

非公開コメント

リレーの順番
金岡→飯田→和田→冨樫→小林→島田→加藤→砂岡→小川→井上→柴崎→アレックス→美田→山本→古屋→戸田→片上→山中→…
カウンター
プロフィール

小門ゼミブックリレー

Author:小門ゼミブックリレー
学生団体Small Gatesは法政大学キャリアデザイン学部小門ゼミ生の有志で経営しています。
http://sg09.blog66.fc2.com/


【法政大学キャリアデザイン学部小門ゼミ】
普段キャリアデザイン学を軸に経営・経済・文化・教育を学んでいます。
「entrepreneurship」・「citizenship」を合言葉に
熱く濃く明るく青く、double majorを目指し日々学習してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。