スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月4日 太閤記 萩原

taikou.jpg

こんばんは。更新遅くなってすみません、
今日紹介するのは、司馬遼太郎の作品、「太閤記」です。

司馬遼太郎の本を読んだ理由は、多くの経営者の方が愛読しており、とても勉強になると聞いたためです。
就職活動中、「司馬遼太郎」を読んでいると伝えると団塊の世代?の人事と話が盛り上がります。
なので、就職活動に限らず司馬遼太郎の本を読んでて損はないと思います。


物語の主人公は、豊臣秀吉です。
幼いころは、サルと呼ばれ、醜い容姿、農民出身。
そんなサルが天下統一までの人生記が書かれている本です。
柴田勝のように、力で戦いに勝つのではなく、常に将来を先回りして考え、人の心を巧みに引き付けていく人間力、ビジネスセンスなどなどがすごいなーって思いました。

司馬遼太郎が書いた「功名が辻」という作品では、織田信長の時代から豊臣秀吉に仕えていた武士の物語もあるので、2つの作品を読むと、豊臣秀吉の人柄やその時代について深く知ることが出来るので興味ある人は読んでみてください。
2つの作品を読んで、司馬遼太郎のキャラクターを愛おしく感じさ、読者を引き込む書き方?にも魅力を感じました。

おすすめです。★5つ
次は、かたがみくんです。

コメントの投稿

非公開コメント

リレーの順番
金岡→飯田→和田→冨樫→小林→島田→加藤→砂岡→小川→井上→柴崎→アレックス→美田→山本→古屋→戸田→片上→山中→…
カウンター
プロフィール

小門ゼミブックリレー

Author:小門ゼミブックリレー
学生団体Small Gatesは法政大学キャリアデザイン学部小門ゼミ生の有志で経営しています。
http://sg09.blog66.fc2.com/


【法政大学キャリアデザイン学部小門ゼミ】
普段キャリアデザイン学を軸に経営・経済・文化・教育を学んでいます。
「entrepreneurship」・「citizenship」を合言葉に
熱く濃く明るく青く、double majorを目指し日々学習してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。