スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今こそピンチをチャンスにする経済学―榊原英資

5kg痩せました。依田です。もうガイコツです。眠いです。腹ペコです。でもお金はあるので飲みましょう。

お久しぶりです。みんな元気ですか?
書籍ブログも頑張っているようで嬉しいです。
3年生は就活はじまったけど、マイペースで、頑張ってね。
まいぺーす大事だよまいぺーす。

震災復興後の日本の経済を考える本。
ただがむしゃらに批判するでもなく、日本人のマインドを美徳と賞賛するでもなく、
問題は問題だと辛辣に批判しつつ、前向きで。いいですねー、榊原さん。
やっぱり何か切り口があると経済関係でも読んでみようと思えるかも。
さくっと読める、174ページ、\952
頭の整理や暇つぶしにどうぞ。

仕事ばかりしても疲れちゃうので
はしがきの方ちょこっと紹介させてくださいね。


■日本の政治的ズレが引き起した震災復興の遅れ

・復興財源の確保の遅れ…復興財源はGDP比6%。国債発行して重点的に投資する決断が必要だった
               ↕         (この主張に関してはYESと言えるかどうかは私にはわかりません)
・自粛と増税による負の連鎖…国民は負担を受け入れる覚悟がある→消費を抑制する
→経済活動が縮小する。→同質性の高い日本人⇔積極消費を叫ぶ者への批判、排斥(震災直後の話ですけどね。)


「積極的に被災地を支援しましょう。しかし経済を委縮させてはいけないから、支援と同時に経済活動は続けましょう。」
と言うのが後々の日本にとって本当に必要だったわけで、ACのCMを流しまくることではなかったんですね。


・緊急時リーダーシップ  ⇔  調整型リーダーシップ
     ↓              ↓
 チャーチル       菅政権=脱官僚→官僚を使いこなせない…「政治主導」=「反社員の企業」
 F・ルーズヴェルト/
 
・対外的信用 ⇔ 円高
   ↓
   アカウンタビリティ…情報隠ぺい
   情報集約性…情報の信ぴょう性、発信先、発信者の錯綜…コーディネートの失敗(原発無知>枝野さん)
    →外国人の流失→信用の失墜が経済的な損失に直結するという認識不足

「原発の情報は私達の所で把握、統括しています。誰々が発表する情報を最優先で信頼してください。」
の一言で、歴史は変わったかもしれませんね。枝野さんは確かに死ぬほど頑張っていたけど、彼が頑張る必要はなかったんだと思います。専門家がいるんですから。

続きはWEBで。


今こそピンチをチャンスにする経済学今こそピンチをチャンスにする経済学
(2011/10/05)
榊原 英資

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

No title

は!よだめ先輩!
リレーの順番
金岡→飯田→和田→冨樫→小林→島田→加藤→砂岡→小川→井上→柴崎→アレックス→美田→山本→古屋→戸田→片上→山中→…
カウンター
プロフィール

小門ゼミブックリレー

Author:小門ゼミブックリレー
学生団体Small Gatesは法政大学キャリアデザイン学部小門ゼミ生の有志で経営しています。
http://sg09.blog66.fc2.com/


【法政大学キャリアデザイン学部小門ゼミ】
普段キャリアデザイン学を軸に経営・経済・文化・教育を学んでいます。
「entrepreneurship」・「citizenship」を合言葉に
熱く濃く明るく青く、double majorを目指し日々学習してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。