スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月22日 『スティーブ・ジョブズの流儀』 片上

片上です。
久しぶりに書籍ブログを更新します。

皆さん、就職活動はどうですか?
ESなどに追われて大変なのではないでしょうか?
でも、色々なことを考える就職活動の時こそ、本を読みましょう!!
誰かがこの書籍ブログを見て、書籍ブログの更新をしようと思ったら、幸いです。



スティーブ・ジョブズの流儀スティーブ・ジョブズの流儀
(2008/10/23)
リーアンダー ケイニー

商品詳細を見る

では、本題。

スティーブ・ジョブズは「コントロールフリーク」だという見方もある一方、それはシームレスでエンドツーエンドのユーザー体験へのあくなき志向だと考える人もいる。
そこにあるのは完全主義ではなく、卓越性の追求だ。声を荒げた罵声ではなく、宇宙をへこませたいとの情熱だ。
みずからの個性を事業哲学にまで高めた男がここにいる。
本書はその経緯を追う。(序文より)


この紹介文を目にしたとき、思わず手に取ってしまった。
この本は、ESを書いていて、行き詰まり書架をふらふら歩いていたときにたまたま見つけた本。
もしかしたら、Planed Happenstanceかもしれないと思った。笑

冗談はさておき、この本を読み進めるにあたって意識して読み進めたことは、「なぜ、イノベーションが起きるのか」ということを考えながら読み進めた。


本書を読み私が感じたことは、当たり前のことかもしれないが、イノベーションを起こすために事業をするのではなく、大きなビジョンに向かって進むことの過程にイノベーションが起きてくるということである。
イノベーションが目的ではなく、イノベーションは手段なのでないだろうか、ということである。

イノベーションを起こすことに躍起になることも大切だと思うが、一歩引いて俯瞰してみることも大切だと思った。


だから、現在の就職活動でも行き詰まったら一歩引いて考えてみようと思いました。


さぁ、就職活動で成長しましょう!!!


星4個です。(☆☆☆☆★)

次は、誰が更新してくれるか楽しみです。

コメントの投稿

非公開コメント

リレーの順番
金岡→飯田→和田→冨樫→小林→島田→加藤→砂岡→小川→井上→柴崎→アレックス→美田→山本→古屋→戸田→片上→山中→…
カウンター
プロフィール

小門ゼミブックリレー

Author:小門ゼミブックリレー
学生団体Small Gatesは法政大学キャリアデザイン学部小門ゼミ生の有志で経営しています。
http://sg09.blog66.fc2.com/


【法政大学キャリアデザイン学部小門ゼミ】
普段キャリアデザイン学を軸に経営・経済・文化・教育を学んでいます。
「entrepreneurship」・「citizenship」を合言葉に
熱く濃く明るく青く、double majorを目指し日々学習してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。