スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月5日 『ハイエク 知識社会の自由主義』 片上

こんにちは、片上です。

いやー最近、寒かったり暑かったりして大変ですね。
この前、雪降ったときは電車が遅れて、選考にギリギリで寿命が縮まったかと思いました。

前置きはこの辺にしておいて、本題。
今回、紹介する本はこちら。

ハイエク 知識社会の自由主義 (PHP新書)ハイエク 知識社会の自由主義 (PHP新書)
(2008/08/19)
池田 信夫

商品詳細を見る

前回紹介した『新自由主義の復権』のブログで行った通り、ハイエクの本を読んでみました。
この本は、ハイエクが自由主義を提唱するようになった時代背景、この思想の元になっている理論を様々な著名な本を引用し考察し、現代に活かせる思考プロセスを考えるものです。

理論などにそんなに詳しくないので、結構難しかったです…笑
でも、最後で現代をハイエクの思想で考察するところでは、ジョブズやイノベーションにも触れていたために、イメージしやすかったです。


自分なりの全体の解説はここらへんにして、この本を読みながら、考えていたこと。
それは、無知ながらに、現代の日本には、どのような経済システムがよいのだろうか、ということです。
池田さんもこの本の中でおっしゃっていたのですが、社会主義は悪く自由主義が良いということではなく、その状況にどの経済システムが適応しているのか、ということが重要だと思います。
日本は戦後、社会主義で飛躍的な成長を遂げた。しかし、工業社会を通り過ぎ高度情報社会に入って資源が豊富にある時代にどのような経済システムをとればよいのだろうか?

私は、今の日本には、自由主義的な経済システムが好ましいと思います。
それは、TPPを契機に農業の生産性の低さ、医療の状態を見て、お上によって競争を制限される状況では生産性はあがらないということだと思う。

かなり小門ゼミ的な考えになっていると思うけど(笑)、今の私はそう思う。

なんか全然まとまってないけど、こんなことをこの本を読んで思いました。

でも、この本も前回の本も自由主義派の本だったので、次は、ケインズの本を読みたいと思います。

ハイエクを知るにはとても分かりやすく、ハイエクの本をそのまま訳して引用していたので、星は4つ(☆☆☆☆★)。

では、また読み終わり次第アップしまーす。
就活も頑張りますー。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【小門ゼミ ブックリレー】

こんにちは、片上です。いやー最近、寒かったり暑かったりして大変ですね。この前、雪降ったときは電車が遅れて、選考にギリギリで寿命が縮まったかと思いました。前置きはこの辺にしておいて、本題。今回、紹介する本はこちら。ハイエク 知識社会の自由主義 (PHP新書)(20...

まとめteみた.【3月5日 『ハイエク 知識社会の自由主義』 片上】

こんにちは、片上です。いやー最近、寒かったり暑かったりして大変ですね。この前、雪降ったときは電車が遅れて、選考にギリギリで寿命が縮まったかと思いました。前置きはこの辺にしておいて、本題。今回、紹介する本はこちら。ハイエク 知識社会の自由主義 (PHP新書)(20...

コメントの投稿

非公開コメント

リレーの順番
金岡→飯田→和田→冨樫→小林→島田→加藤→砂岡→小川→井上→柴崎→アレックス→美田→山本→古屋→戸田→片上→山中→…
カウンター
プロフィール

小門ゼミブックリレー

Author:小門ゼミブックリレー
学生団体Small Gatesは法政大学キャリアデザイン学部小門ゼミ生の有志で経営しています。
http://sg09.blog66.fc2.com/


【法政大学キャリアデザイン学部小門ゼミ】
普段キャリアデザイン学を軸に経営・経済・文化・教育を学んでいます。
「entrepreneurship」・「citizenship」を合言葉に
熱く濃く明るく青く、double majorを目指し日々学習してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。