スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/10 『なぜ、人は旅に出るのか』 砂岡

なぜ、人は旅に出るのかなぜ、人は旅に出るのか
(2011/04/08)
近藤 康生

商品詳細を見る


こんにちは!砂岡です。
久々のブックリレーで、なんか昔を思い出しました!

今回私が紹介するのは就職活動中に読んだ本です。
『なぜ、人は旅に出るのか』
なぜ、人は旅に出るんでしょうね。
この本を読んで、観光立国を目指す日本において、若者が旅に出る人が減少している中、
今後の旅行業界の展望、旅とは何であるのかということを理解することができました。
今までの旅行業界が、価格競争に必死になっていたこと、
それだけで勝ち残れていた時代は過ぎ、
既存のサービスを提供しているだけでは生き残れないという
厳しい現状にあるのだと改めて感じました。
今の人々は、旅行でどこかの土地を訪れることは簡単にできます。
ですが、旅が目的になるのではなく、
旅を手段として、何かを体験する、非日常を味わうということが多くなっていると思います。
本に「人が旅に出る理由は気まぐれで移ろいやすい。」と書かれていたのですが、
確かに、団体旅行ではなく、個人旅行が増え、旅の行先にテーマを持たせるようになったと感じます。
ダイビングをするから、エコ活動をするから、
ボランティアをするからといったようにニーズや動機が多様化し、
細分化していて、ひとまとまりにくくることが難しいものであると思いました。
それでも、旅行をする動機は、前向きであること。
そんな人々のサポートをすることで、
人生を支援できる点でも最高のエンターテイメントであると共感しましたし、
私にとっては、人の人生を豊かにできることが何よりも旅行業の魅力であると改めて思いました。
そして、本にも述べられていたようにそこにどう応えていくのか、
旅のニーズが移ろいやすいものである以上、旅行業として何をすべきなのかということを
しっかりと認識しなければならないとも感じました。


余談ですが、
自分の興味のあることについて読んでおくと本当にタメになると思います!


評価は
☆×5です!
私物です。

次は小川君です^^

コメントの投稿

非公開コメント

リレーの順番
金岡→飯田→和田→冨樫→小林→島田→加藤→砂岡→小川→井上→柴崎→アレックス→美田→山本→古屋→戸田→片上→山中→…
カウンター
プロフィール

小門ゼミブックリレー

Author:小門ゼミブックリレー
学生団体Small Gatesは法政大学キャリアデザイン学部小門ゼミ生の有志で経営しています。
http://sg09.blog66.fc2.com/


【法政大学キャリアデザイン学部小門ゼミ】
普段キャリアデザイン学を軸に経営・経済・文化・教育を学んでいます。
「entrepreneurship」・「citizenship」を合言葉に
熱く濃く明るく青く、double majorを目指し日々学習してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。