スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月17日 「コンピュータはなぜ動くのか」 担当:古屋

コンピュータはなぜ動くのか~知っておきたいハードウエア&ソフトウエアの基礎知識~コンピュータはなぜ動くのか~知っておきたいハードウエア&ソフトウエアの基礎知識~
(2003/06/02)
矢沢 久雄、日経ソフトウエア 他

商品詳細を見る



どーも!最近休みがちだった古屋です。月曜日にアレックスに「あれ?古屋さんって小門ゼミでしたっけ?」と満面のオーストリアスマイルで言われたの実は結構傷ついていました。

「古屋さん最近何してるんですか?」「就職までになんか勉強してるんですか?」と言われて俺は「ITの勉強してます」って簡単に言うんですけど、具体的にどんな書籍とか読んでるとかイメージわかないと思うんで今回はその辺も絡めてこの本を紹介します。

タイトルをご覧いただいてもわかる通りこの本は本当にコンピュータの基礎的な知識を体系的に教えてくれるITの世界の入門書といっても過言ではない本です。コンピュータは2進数で動いている、ではなぜ2進数で動いているのか、ではなぜ16進数ではダメなのか、プログラミングとは?、アルゴリズムとは?、オブジェクト指向とは?などIT系の基礎的でありながら難しい疑問をわかりやすく説明してある本です。しかし、結構カタカナが乱発してあったり、簡単ですがコードもちょくちょく出てきたりするので読みごたえはあり、挫折する人もいるかもしれません。読み終わったあとは、IT業界やコンピュータの世界が身近になる感覚、ザッカ―バーグはじめ全世界のエンジニアに対するリスペクトなどの感情が沸々と湧き上がってきます。

どの業界や分野でもいえることですが、基礎的な知識が十分にない人は長期的なスパンで仕事や学問に臨んだ時確実につまずくときがあります。英語でも文法をきっちり理解している人とそうでない人では学習の進み方が全く違うと思います(俺が英語苦手だからいまいち説得力ないけど)。
つまり、俺が言いたいのは、いきなり上級編の高度なことを手あたりしだい学ぶより、基礎的なことを学んでから高度なことにシフトしていった方が仕事でも学問でも、結果的に効率的かつ体系的にレベルアップが可能であるということです。
俺はそう思い、IT業界で働くということをふまえてこういった書籍を読みました。みなさんも行きたい業界や内定先の業界などの基礎的な知識や共通言語について勉強してみるのも良いと思います。

IT業界に少しでも興味がある人などはぜひぜひ読んでみて!!☆×4つ!

次は戸田TGCまさこ!!!

コメントの投稿

非公開コメント

リレーの順番
金岡→飯田→和田→冨樫→小林→島田→加藤→砂岡→小川→井上→柴崎→アレックス→美田→山本→古屋→戸田→片上→山中→…
カウンター
プロフィール

小門ゼミブックリレー

Author:小門ゼミブックリレー
学生団体Small Gatesは法政大学キャリアデザイン学部小門ゼミ生の有志で経営しています。
http://sg09.blog66.fc2.com/


【法政大学キャリアデザイン学部小門ゼミ】
普段キャリアデザイン学を軸に経営・経済・文化・教育を学んでいます。
「entrepreneurship」・「citizenship」を合言葉に
熱く濃く明るく青く、double majorを目指し日々学習してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。