スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/1 『没落する文明』 担当:小川

今回紹介する本は
哲学者の萱野稔人氏と科学史、科学論を専攻する神里達博氏の
没落する文明」です。


没落する文明 (集英社新書)没落する文明 (集英社新書)
(2012/02/17)
萱野 稔人、神里 達博 他

商品詳細を見る



3.11の大震災によりテクノロジーの限界やリスクマネジメントの重要性を認識させられました。
これから日本ないし世界の文明はどこを目指すべきなのか、日本の経済はどうなって行くのかが
この本で論じられています。

本書のテーマは大きく分けて2つ。
「リスクマネジメント」と「課題先進国日本」。

まず一つ目、
新たなテクノロジーが生まれれば、新たなリスクが生まれる。
しかし日本人はそのリスクを管理できていない。
萱野氏はこれを「無責任の体系」として表現しています(詳しくは本を読んでね)。
サステイナブルな文明を築くにはどうすればいいか、今まさに問われています。

二つ目、
日本は地理的にも数多くの天災と隣り合わせで、
しかも、他国に先駆けて金融バブルが起こり、9.11よりも先にオウムによるテロが起こった。
日本での多くの事象は世界的にも教訓であり、
そのリスクをマネジメントするテクノロジーを生み出すことができると述べられています。


萱野氏は
「私たちが直面している経済停滞は、市場における景気循環ではなく、
エネルギーの問題や人口動態も含んだ、生産拡大の行き詰まりの反映です。
経済は市場だけで成り立っているのではありません。」
と述べています。

我々は今現在の利益を追求するのではなく、
後世に残る文明を築かなくては行けません。

日本に生きている、そして地球に生きているというシティズンシップが大切です。
まさに小門先生ゼミで学んでいることではないでしょうか。


評価は
★★★★★

新書で厚くもなく、対談形式で非常に読みやすいです。
そして非常に深いないようです。

小門先生ゼミの内容にも通ずることがあるので是非。
オススメです。

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
リレーの順番
金岡→飯田→和田→冨樫→小林→島田→加藤→砂岡→小川→井上→柴崎→アレックス→美田→山本→古屋→戸田→片上→山中→…
カウンター
プロフィール

小門ゼミブックリレー

Author:小門ゼミブックリレー
学生団体Small Gatesは法政大学キャリアデザイン学部小門ゼミ生の有志で経営しています。
http://sg09.blog66.fc2.com/


【法政大学キャリアデザイン学部小門ゼミ】
普段キャリアデザイン学を軸に経営・経済・文化・教育を学んでいます。
「entrepreneurship」・「citizenship」を合言葉に
熱く濃く明るく青く、double majorを目指し日々学習してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。